日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

未成年事件について想う(2)

Schagerlさん、貴重なご意見ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。専門家が閉じた調査で行うのが本意だと思います。

しかし、あまりにも当初の報道が被害者のものばかりで、悲し過ぎるのです。
報道する側がそれしか報道できない(事実から伝える)ためにそうなることは分かります。

その後の事件の詳細は、判決の時 -それが1ヵ月後か1年後、あるいは10年後か- 事件が風化した時に報道されることが多いのです。報道しないメディアも見受けられます。
そうなってしまうと、専門家以外の人は何の解決策も見出せず、悶々とした不安を抱きながら次の事件報道に接していきます。考える手がかりも得られないまま、我々一般生活者は次の事件の“ゴシップ”に流されてしまいます。

自分勝手な意見かも知れませんが、耳目を集めている今だからこそ、何か未来につながるものがあると(憶測の記事だけではいけませんが)良いと思うのです。
単に視聴率や部数を伸ばすための報道であって欲しくない。
そのためには、記者が取材した範囲内で良いので、記者自身が判断して一歩踏み込んだ記事(著名入りで)などで、どうすれば解決できるかのヒントになるものが欲しいと思います。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-15 13:37 | 一般ニュース