日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

就職活動で燃え尽きてしまった人たち

Excite エキサイト:仕事に「無気力」75% 上場企業若手社員調査
現在の仕事に「無気力」になることがあるかの問いには、「よく感じる」「ときどき感じる」合わせ75%が無気力を“自覚”していると回答。「3年前より職業人として成長した実感があるか」には「あまり実感がない」(43%)が「実感がある」(39%)を上回った。
 仕事に対し社会的使命感を「感じる」のは5%。「どちらかといえば感じる」と合わせても30%止まりで、「感じない」などの否定派(32%)を下回った。
 「現在の会社にどのくらい勤めたいか」で、「定年まで」は18%。「すぐにでも転職・独立したい」(19%)「3年以内に転職・独立」(13%)「あと5年くらい勤めたい」(12%)を合わせた「潜在的転職志願者」が44%に上った。


野村総研が上場企業の若手社員にアンケートした結果だが、これは「上場企業」が原因なのか、「若手」社員だからなのか。
今の若手社員の多くは「無気力」と言いたいのか、上場企業に入る社員が陥るものなのか、今ひとつ分からない。

就職活動で燃え尽きてしまったのか。
社会人になることは、上場企業に(取りあえずでも)就職することではない。
自分が何のために仕事をするのかを学生時代に突き詰めて考えることが必要だ。
社会人になってからでは、考える時間がない。取りあえず就職してから考えたのでは、チャレンジするチャンスがなくなっていく。・・・と、社会人生活が学生生活を超えようとしている人の想いでした。

↓追加しました。
仕事にやる気の出ない日本の若者 日本人の就労意識に変化 | Excite エキサイト
人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-05 22:00 | マーケティングニュース