日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

直接選挙と議員数削減を

Excite エキサイト:2010年10月以降の選挙制度見直しの議論が必要=小泉首相
小泉首相は、衆院の重複立候補制度に党地方組織や有権者から批判が根強いことや、重複立候補で1つの選挙区から複数の候補者が当選するのはおかしいとの声が出ているとしたうえで「定数削減、衆参一体で2010年から新制度をどうするかとの議論をするのがいい」と述べた。

暴論を承知で言うと、そもそも、議員の数は多すぎる。
これから、ITなどで正確で素早く結果が分かる仕組みが構築される中、直接国民が投票する方式も採用してはどうか。

議員にある程度の「まつりごと」を託するのは必要だが、本当に議決を採択する際、直接投票したい案件もある。そう考えると、議員数は削減しても良いのではないか。

自分達国民が何か決めるとなると、それだけ関心も高まるし、マスコミも取り上げるだろうし、何より自己責任がある。やれ議員が決めた、政府が悪いという話ではなく、何より自分達の投票で決める(多数決で良いのか、それまでの討議・討論の仕組みはどうするのかといった問題はあるが)ことによる参画意向が高まる。

これからは人口も少なくなるし、議員も今の半分でもいいと思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-09 09:04 | 一般ニュース