日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

犬だけでない用途の広がりを感じる

Excite エキサイト:愛犬が使う携帯電話、発売へ
アリゾナ州に本社がある米ペッツモビリティ・ネットワークス社が開発したペットセルは、通常の携帯電話網を使用しており、固有の電話番号も持っている。飼い主が自分の携帯電話のボタンを押し、たとえば「ラッシー、帰っておいで」に相当するコードを入力すると、ペットセルは自動的に応答して通話状態になる。
ペッツモビリティ社によると、ペットセルは2006年初めに出荷され、価格は350ドルから400ドルになる予定とのことだ。
ペッツモビリティ社の親会社にあたるオン4・コミュニケーションズ社は、子供やお年寄り、あるいはスノーボードやカヤックを楽しむアウトドアスポーツのファン向けに、同様の製品を一気に展開しようとしている。

犬の場合は首輪のように装着するが、上記の記事のように、子供やお年寄りに、または手がふさがっているスポーツ中などにもフリーハンドで話せるなど用途が広く、開発しようによっては活用範囲が広がる。カメラ機能も搭載できるし、災害救助や爆弾処理、セキュリティなどにも役立つのではないか。

ペットが飼い主の言うとおりに動くよう躾てあれば、この製品を装着して遠隔からの支持で、ロボットよりも臨機応変に動くことが可能になるだろう。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-11 01:23 | 海外ニュース