日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

マッチングが的確になったか?

Excite エキサイト:<若者意識調査>「今の会社に一生勤める」新入社員に増加
(財)社会経済生産性本部は、春と秋の新入社員研修の参加者を対象にアンケートをしており、秋の研修参加者のうち537人から回答を得た(回収率48.3%)。
「今の会社に一生勤めようと思っている」のは25.6%で、前年同期比8.1ポイントの増加。一方、転職する際の決め手として「仕事のやりがい」を1位に選んだのは同8・2ポイント減の56.0%で、3年ぶりに6割を下回った。「給料」としたのは同3.2ポイント増の25.0%で、3年連続で上昇し、転職志向は弱まったものの、転職する際には「やりがい」より「カネ」を重視する傾向が出てきた。
「業績や能力が大きく影響する給与システム」の希望者は64.0%で、前年同期比0.3ポイント減、「仕事を通して発揮した能力を基に評価され、昇格に差がつくような職場」の希望者は3年連続減少の69.0%となり、過半数が能力主義的な処遇を望んでいるものの、その傾向は弱まってきた。さらに、「仕事の成果で評価されることを前提に、時間・場所などを自由に選べる職場」の希望者は29.9%で、この設問を始めた98年春以降では初めて3割を切った。

果たしてこの結果が、保守・安定志向なのか?上手くやりたい仕事・会社が見つかって就職できたというマッチングが的確だったのかも知れない。
もしくは、激化している就職戦線を勝ち抜いたからには、長く会社に居続けようという気持ちが強いのかも知れない。

給与に関して、能力主義を望む声が若干下がっているのは、今の査定方式での能力主義は本当の能力を評価したものではないということも、一部あると思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-22 13:41 | マーケティングニュース