日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

携帯ワンセグの利用価値は低い

ワンセグの主要利用者は15~19歳 MMD研究所
モバイルマーケティングデータ研究所(MMD研究所)が2007年2月16日に発表した「携帯コンテンツに関する動向調査」によると、携帯電話のワンセグの主要利用者が15~19歳であることがわかった。「ワンセグを利用したことがありますか?」との問いには、回答者の85.5%の人が「ない」と答えたが、「ある」と答えた人のうち、15~19歳が全体の34.5%を占めて最も多く、次いで20~24歳が15.3%で多かった。ワンセグ利用者のキャリアで最も多かったのはauで76.2%だった。この調査は、携帯電話のインターネットサイト10を対象に、2007年2月3日~5日の3日間で得られた4,000人の回答をもとに集計した。


回答者の85.5%が、「ワンセグを利用したことがない」と答えている。つまり、14.5%しか利用していない。まだまだ、ワンセグが浸透していない証拠だ。
しかし、ワンセグを利用する機会がそれほどないとも言える。個人的には、TVを見たい,見る暇があるのは、電車の中が多い。しかし、都心では地下鉄が中心になるし、移動スピードが速いと見にくい。視聴が困難になる。地方へ行けば、地方局に限定される。
自分の携帯もワンセグ対応だが、あまり活用する機会がない。携帯を購入した当初は面白がって見るが、大きな画像の方が良いし、移動するとアンテナの具合で画像が止まったりする。そうしてまでも見たい番組もない。それだったら、ゲームでもやっている方が時間つぶしになる。
今の所、自分の中でワンセグの利用価値は低い。だから、利用しない人が多いのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-02-20 16:52 | マーケティングニュース