日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

2005年 11月 15日 ( 3 )

Excite エキサイト : 芸能ニュース:製菓会社が音楽レーベル設立

今までは、既に名のある歌手・グループを利用して自分達の商品を宣伝してきた。
また、食玩や携帯やWebを使ったプロモーションも行ってきたが、新しいコミュニケーション手法だろう。

今後は自分達でシンガーを育てていくことで、他者との差別性をより鮮明にしようとしている。
まあ、下手なプロモーションや広告宣伝よりも意義があると思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-15 15:26 | マーケティングニュース
Schagerlさん、貴重なご意見ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。専門家が閉じた調査で行うのが本意だと思います。

しかし、あまりにも当初の報道が被害者のものばかりで、悲し過ぎるのです。
報道する側がそれしか報道できない(事実から伝える)ためにそうなることは分かります。

その後の事件の詳細は、判決の時 -それが1ヵ月後か1年後、あるいは10年後か- 事件が風化した時に報道されることが多いのです。報道しないメディアも見受けられます。
そうなってしまうと、専門家以外の人は何の解決策も見出せず、悶々とした不安を抱きながら次の事件報道に接していきます。考える手がかりも得られないまま、我々一般生活者は次の事件の“ゴシップ”に流されてしまいます。

自分勝手な意見かも知れませんが、耳目を集めている今だからこそ、何か未来につながるものがあると(憶測の記事だけではいけませんが)良いと思うのです。
単に視聴率や部数を伸ばすための報道であって欲しくない。
そのためには、記者が取材した範囲内で良いので、記者自身が判断して一歩踏み込んだ記事(著名入りで)などで、どうすれば解決できるかのヒントになるものが欲しいと思います。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-15 13:37 | 一般ニュース

未成年事件報道に想う

Excite エキサイト : 社会ニュース

この町田女子高殺人事件にしてもそうだが、加害者である高校生の動向・動機を探る報道が中心となっている。
当然、当初はそれで良いが、何故こういう事件を起こしたかという本質を考える上では、彼の家庭環境はどのようなものかを知りたい。

自分は、小中高校生が起こした事件の7割は家庭環境にあると思っている。年齢によって割合は若干変わってくるが、2割は学校、そして1割は本人の性格だと思う。

そういう意味で、彼の置かれた家庭環境はどのようなものか、知りたい。さらっと周辺取材して、「至って普通の子だった」のような報道も見たくない。普通の子なんて子はいない。誰もが違う側面を持っている。それを少しでも浮き彫りにするヒントが欲しい。

そして、二度とこのような事件が起きないようにするためのデータにしたい。報道機関は、そういう前向きな対策につながる情報を報道して欲しいと切に願う。
[PR]
by yutanofu | 2005-11-15 08:53 | 一般ニュース