日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

2006年 01月 19日 ( 2 )

Excite エキサイト:<自己防衛>県職員にスタンガンや防刃ベスト 鳥取県が予算
鳥取県は用地買収などの担当職員の護身用に、スタンガンや防刃(じん)ベストなどを用意することを決めた。06年度当初予算案に「自己防衛費」340万円を計上する予定。
同県では04年10月、県発注の工事を巡り、右翼団体の男が同部次長室で花瓶を投げてガラスを割る器物損壊事件が発生。用地買収や許認可事務、道路・河川の占有料徴収などの担当職員が、「埋めてやる」などと脅迫まがいの言葉を浴びせられるのは日常茶飯事で、暴力団事務所に連れ込まれたり、自宅周辺をうろつかれることなどもあったという。
また、同部管理課は当初、河川や道路などの占有料を徴収するため、隠された個人資産を調べるノウハウを探偵事務所に学ぶことも検討。そこでの研修費(2人、1カ月、106万6000円)も要求したが、「税金徴収など含めた全庁的な回収方法の検討が必要」として計上は見送られた。

スタンガンを携帯したり、探偵のノウハウを学ばないと、もはや税金を徴収できない段階にまできているのか、昔からそういうことが起きていたが、他の税金の徴収で賄えたため、無理しなかった(=徴収しなかった)のか。おそらく後者だろう。
それにしても、「領収書の件名はどう致しますか?」「自己防衛費でお願いします」と、請求書を切ってもらう姿を想像する(実際にはないが)と、笑ってしまう。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-01-19 16:26 | 一般ニュース
Excite エキサイト:国訴える方針決める ヒューザー、強度偽装で
耐震強度偽装問題で、マンション販売会社ヒューザーは18日、特定行政庁や国指定の確認検査機関が、姉歯秀次元建築士(48)による偽装を見抜けなかった結果、偽装物件を販売し損害を受けたとして、国家賠償を求める訴訟を起こす方針を正式に決めた。関係者によると、ヒューザーは、耐震強度偽装問題が拡大した原因が、特定行政庁や検査機関の偽装の見落としにあった、との見解をまとめた。

言いたいことは、「ライブドア家宅捜索までぶつけて、隠蔽したかったコトとは何なのか?」にあるのであまり費やさないが、今回の問題をきちんと建設業界は受けとめて欲しい。そして、手抜き工事、偽装を本当に見抜ける体制を整えてくれないと、前にも書いたが自分で家を建てる方がよほど信頼できる気がしてくる。
人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-01-19 08:44 | 一般ニュース