日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2006年 02月 09日 ( 2 )

二極化選択の社会

Excite エキサイト:個人の株信用買い膨張で証券の銀行借り入れが急増
証券会社の銀行借り入れが急増している。膨張している個人投資家の株式信用買いの資金ニーズに充当しているためで、特に地銀の貸出が目立つ。利ザヤの薄い証券向け融資を地銀に回しているメガバンクの対応が影響しており、日銀の量的緩和政策がもたらしている過剰流動性が株式相場を押し上げている構図がくっきりと浮かび上がっている。

個人投資家の株式信用買いが増えた結果、こういう上記事案が起こっているのか、日銀の量的緩和による過剰流動性が影響して、事案が起きているのか、金融のプロではないので読みきれない。前記だとすると、何故個人投資家の信用買いが増えているのかを言及したい。
ライブドアの問題でかなり個人投資家、特にデイトレーダー(始めてから日の浅い人)への影響が大きかったので、今は増加傾向に歯止めがかかったと思うが、個人投資家が着実に増えている。個人でもある程度のリスクテイクでハイリターンを望む人が増えた結果だろう。
その背景には、今まで着実に金利で稼ぐ商品が減り、ハイリスク・ハイリターンか、ローリスクローリターンな商品に二極化しているからではないか。言わば、ミドルリスク・ミドルリターンな商品が減った。そのため、個人はどちらか選択せざるを得なくなった。態度を保留にしていると「負け組」になってしまう危機感があり、積極的に行動せざるを得なくなってきている。
この二極化選択傾向は、様々な場面で一般生活者に選択を迫っている。どちらか(今は「待ち組」という言葉もあるが)を選ばなければならない社会は、果たして「幸せ」なのか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-02-09 13:07 | コラム

さすが世界のジーコ監督

Excite エキサイト:ジーコ監督激怒!主力組に個別説教
「説教」の中身は以下だという。
【説教1】久保にボールが入っても(トップ下2人の)小野と小笠原の押し上げが少ない。1人はサポートに行け。
【説教2】三都主はセンタリングをすぐ上げるな。相手に取られたら危険。1度前に持ち出してから上げるとか工夫しろ。
【説教3】加地と田中のオーバーラップのタイミングが合っていない。
【説教4】相手に囲まれたら簡単に大きく蹴れ。細かくつなぐと危ない。

「説教」はこれ以外にも多岐に及んだそうだ。個々の「説教」はいちいちごもっとも。ジーコ監督はあまり個別のテクニックの話はしないと言われているだけに、極めて異例であるし、それだけ本大会にかける意気込みを感じる。
今、このタイミングで話をすることが、ドイツW杯に向けて良い影響が出ると考えているのだろう。さすが、世界を知っているジーコ監督。
あまり持ち上げてばかりでは気持ち悪いので、違う話を。国内組だけでなく、欧州組が混在した時にどうチームとして機能させていくかが、今後の課題ではないか。
久保選手を使うことは悪くないが、欧州組が入ってきた時、また高原選手や鈴木選手,柳澤選手を起用するのか?そこが気がかりでならない。個人的には平山選手を控えでもいいから選んで欲しい。それが「ドイツW杯以降」を見据えた戦略になる。・・・まあ、ジーコ監督はドイツW杯までだから、その後は考えないか・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-02-09 12:47 | スポーツニュース