日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:スポーツニュース( 26 )

北島、世界新で金「なんも言えねぇ」/競泳
男子平泳ぎの北島康介(25)=日本コカ・コーラ=が、100メートル決勝で58秒91の世界新記録をマークし、五輪連覇を達成した。競泳で日本選手の同一種目連覇は、28年アムステルダム、32年ロサンゼルス五輪の男子200メートル平泳ぎで鶴田義行が記録して以来76年ぶり。世界新での金メダル獲得も72年ミュンヘン大会以来、36年ぶりの快挙だ。12日には200メートル予選に登場。14日の決勝で、日本競泳界初の連続2冠に挑む。
電光掲示板に輝く「WR」の2文字。北島はタイムを確認すると無我夢中で握りしめた両拳を突き上げ、雄叫びを上げた。58秒91。世界新記録。連続金メダルとのダブル快挙の達成だ。
「ありがとうございます…。はい、うれしいです。すいません、なんも言えねぇ…」
言葉にならない。ヒーローインタビューで声を詰まらせ、タオルで顔を覆った。落ち着きを取り戻すと、「アテネのとき以上に気持ちいいです。チョー気持ちいいです!!」。あの名言が飛び出したが、胸の奥には熱い思いがあふれたままだった。
予選後に「58秒台での世界新」を宣言した。しかし、準決勝で新鋭アレクサンドル・ダーレオーエン(23)=ノルウェー=が世界記録に0秒03に迫る好記録をマーク。日本記録でもある自己ベストに0秒28も差をつけられ、「彼の記録がプレッシャーをかけてきた」。おしつぶされそうな気持ちを必死でこらえた。
スタート前に名前をコールされると、ジャージーの左胸にある日の丸と五輪のエンブレムを右手でわしづかみにして、闘志をたぎらせた。レース前、自らを鼓舞しようと何度も叩いた左胸は真っ赤。ダーレオーエンは隣の5コースだ。
わずか1分足らずで雌雄を決する非情のレース。北島は「悔いを残したくなかった」と集中した。前半はリードを許しながらも、50メートルのターンで逆転すると逃げ切り。心は熱くても、冷静な展開で再び頂点に駆け上がった。
アテネ五輪後、日本コカ・コーラと所属契約を結ぶなど、日本初の本格的プロスイマーとしての道を歩み始めた。「水泳を通して子供たちに夢を与えたい」という思いからだ。オフには水泳教室を開き、チビッコスイマーに直接指導もした。
しかし、CM撮影やイベントへの出演。プロ活動は練習にも影響を与える。平井伯昌コーチとの仲がギクシャクしたこともあった。アテネ後、高校時代の友人と都内で祝杯を挙げても、「あの4年間ってのは苦しいんだよ」。燃え尽き症候群に陥りもした。「北島康介は終わったのか」と平井コーチがさじを投げかけたこともある。
だが、パンパシの200メートルでブレンダン・ハンセン(26)=米国=に世界新で敗れ、ようやく息を吹き返した。「五輪は特別な大会。また、あの舞台に立ちたい」と挑んだ“最後”の大舞台だった。
「200も? もちろんだよ。自分の世界記録を更新したい」
涙も乾き、北島は再び前を向いた。狙うは日本競泳界初の連続2冠。野獣のような鋭い眼が、この男にはよく似合う。


皆が金メダルと期待して、その期待に応える重圧は一般人には分からない。
あのヤワラちゃん(谷選手)でさえ、プレッシャーを感じてか、銅メダルに終わった。
北島選手はこれが最後のオリンピックになるから、感謝と涙が出たのだろう。
おめでとう!

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2008-08-12 11:14 | スポーツニュース

またひと騒動か?

朝青龍謝罪、横審カンカン!! 高砂オロオロ
これでは怒るのも当たり前。今月30日、いよいよ横綱朝青龍がモンゴルから戻ってくる。この来日スケジュール、つい半月前までは、謹慎処分期間が明ける九州場所千秋楽の翌日、つまり26日だった。成田空港から両国国技館に直行して千秋楽翌日の午後5時半から開かれる恒例の横綱審議委員会に顔を出して謝罪、そのあと謝罪会見を開くことになっていたのだ。
それが突然、4日間先延ばしされたのは、朝青龍が興行ビザの更新をミスったため。この身勝手かつ不用意な帰国順延のあおりを食って、横綱審議委員会での謝罪は白紙に。
今月20日、正式に来日スケジュールが確定したとき、「横審に謝罪はしないのか」と聞かれた師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「考えていない。謝罪しろって、誰からも言われていないし」と完全無視することを明らかにした。これには、ただでさえ一言多い横綱審議委員たちだけに、おもしろいはずがない。
九州場所が終わったばかりの26日、両国国技館内で注目の横綱審議委員会が開かれ、当然、このことについてかみついた。
これに対して高砂親方は「来年の1月8日の稽古総見のときに謝罪させたい」と提案したが、石橋前委員長は「それでは遅過ぎる。ファンは横綱のお目付け役の横審の対応を注目している。もっと早く謝罪しないとケジメはつかない。これから北の湖理事長に掛け合ってくる」と険しい口調だった。反朝青龍派の急先鋒(せんぽう)、脚本家の内舘牧子さんも「私の中ではもう朝青龍は引退した人。謝罪が遅いという点では石橋前委員長とまったく同感です」とバッサリ切り捨てた。


朝青龍が戻った時、何と言うのか注目したい。
それにしても、「横綱審議委員」の役目と権限がよく分からない。「審議委員」の判断で、横綱失格にすることはできないのか。横綱になれるかどうか、判断したのは横綱審議委員だと思うので、審議委員のメンバーは最後まで責任を取って欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-11-27 17:32 | スポーツニュース

古田選手、お疲れ様

ありがとう古田敦也…燕の背番号「27」が現役生活に終止符
(セ・リーグ、ヤクルト3-6広島、最終戦、広島13勝11敗、7日、神宮)ありがとう。さらば不世出の名捕手-。今季限りで現役引退、退団するヤクルト・古田敦也兼任監督(42)が7日、今季本拠地最終戦となる広島戦(神宮)に「5番・捕手」で先発出場。チームは3-6で敗れ、自身も4打数無安打に終わったものの、18年間つけた背番号「27」の雄姿をファンの目に焼き付けた。
(中略)
9日の横浜戦(横浜)でシーズンを終えると、長年の夢だった世界旅行に出かける。労組・選手会の会長として球界再編のカジを切り、「理想の上司」のトップに挙げられる42歳は、またひと回り大きくなる旅に出る。セレモニーを「また会いましょう」と締めくくった古田兼任監督。記録も記憶も残した男は、いつの日か再び無限の可能性を秘めて球界に戻ってくる。


選手会長として、今のプロ野球のカタチを残した功績は大きい。もし、あの時、ストライキをしていなかったとしたら、今は1リーグ制になり、衰退の一途の可能性もあった。今も、衰退の一途かも知れないし、その時間を延ばしただけかも知れない。
しかし、変革の中で、ファンの要望を一番カタチにしていたのは、当時の選手会だった。選手のエゴが中心になりがちな選手会だが、当時の選手会はファンの気持ちに応えていた。
古田選手本人の性格の問題は置いて、選手会長としてのリーダーシップが図られていたことに意味がある。
休養して、またプロ野球に戻ってきて欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-10-08 18:36 | スポーツニュース
Excite エキサイト :<高校野球>決勝第2幕 スタンドも試合前から熱気
球史に残る激闘の第2幕は――。夏の甲子園は21日午後1時から、決勝の再試合で駒大苫小牧(南北海道)と早稲田実(西東京)が再び激突。阪神甲子園球場には平日にもかかわらず2100人が並び、予定を1時間10分繰り上げ、午前8時50分に開門した。全国4112校の頂点に立ち、深紅の優勝旗を手にするのは、果たしてどちらか。

駒大苫小牧と早実の田中・斉藤の両投手の投げ合いに感動した。しかし、これ以上投げたら肩が潰れる。これ以上投げたら、将来プロ野球へ行っても、短命で終わってしまう。
過去、甲子園優勝投手はプロへ行って長続きするケースが少ない。それは連投で肩を消耗させてしまうからではないか。
甲子園が「人生の最後の華やかな場面」になってしまわないためにも、両投手の肩の管理はきちんとして欲しい。WBCのように、球数制限しても良いと思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-08-21 12:41 | スポーツニュース
Excite エキサイト:オシム不満初陣 勝っても苦言
10年W杯南アフリカ大会を目指すオシムジャパンが好スタートを切った。日本代表は9日、トリニダード・トバゴ代表と対戦し、MF三都主アレサンドロが2ゴールを挙げて、イビチャ・オシム監督(65)就任後初の親善試合を2―0の勝利で飾った。会心の勝利だったが、新指揮官は運動量が90分間続かなかったことを指摘。勝ってなお日本サッカーに対して苦言を呈した。


最初の30分で飛ばしすぎ。最初に全てのスタミナを使いすぎた。レッズVS.ジェフの試合を見ているよう。後半、レッズ(=日本代表)がばててジェフ(トリニニダード・ドバゴ代表)が点を入れるような展開にはならなかったが、後半バテバテ。緩急をつけることが大切なような気がした。

だんだん、このブログは、サッカーの話だけになっている・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-08-10 11:47 | スポーツニュース

守備しかできないFW

Excite エキサイト:ジーコが柳沢にダメ出し!“奇跡”決勝TへFW陣大手術を決断!
ゴール欠乏症に悩まされる監督の胸の内には、FW陣の大手術構想があった。これまで柳沢&高原の2トップにこだわってきた指揮官の心の変化。それは19日午後の練習後に表面化した。ブラジル戦の布陣について「いじる」と明言。その上で、「少なくとも2点以上必要だ。やっぱり今の状況を考えるとFWにしっかり点を取ってほしい」と切実な思いを吐露した。2試合連続無得点のFW陣の変更は、確実な情勢となった。


最初から言っているように、柳沢選手はいらない。ここにきてやっとジーコ監督も分かったのか。守備しかできないFWである。それでいいと思って起用しているのかと思った。
個人的には、巻選手や大黒選手、小野選手などを先発に起用して使って欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-06-21 09:59 | スポーツニュース

柳沢はいらない

柳沢 ボール蹴った!
右第5中足骨骨折からの復帰を目指す鹿島FW柳沢敦(28)が17日、故障後初めてピッチで歩行トレを行った。ウオーキング中にはボールにタッチする場面もあるなど、驚異的な回復力を見せつけた。18日午前にはプール内での歩行も行うことが決定。奇跡のW杯メンバー入りにまた一歩近づいた。

久しぶりに更新した。
ドイツW杯のFW争いが激化している。決め手がないからだ。個人的には5人選ぶとしたら、大黒選手、巻選手、久保選手、佐藤選手、そして平山選手。
平山相太選手はオランダのヘラクレスで現在8得点を挙げている。是非日本の将来のFWを育てる意味でも、控えで良いからベンチ入りさせて欲しい。
柳沢選手と鈴木選手の「(元)鹿島枠コンビ」はいらない。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-04-18 10:57 | スポーツニュース

さすが世界のジーコ監督

Excite エキサイト:ジーコ監督激怒!主力組に個別説教
「説教」の中身は以下だという。
【説教1】久保にボールが入っても(トップ下2人の)小野と小笠原の押し上げが少ない。1人はサポートに行け。
【説教2】三都主はセンタリングをすぐ上げるな。相手に取られたら危険。1度前に持ち出してから上げるとか工夫しろ。
【説教3】加地と田中のオーバーラップのタイミングが合っていない。
【説教4】相手に囲まれたら簡単に大きく蹴れ。細かくつなぐと危ない。

「説教」はこれ以外にも多岐に及んだそうだ。個々の「説教」はいちいちごもっとも。ジーコ監督はあまり個別のテクニックの話はしないと言われているだけに、極めて異例であるし、それだけ本大会にかける意気込みを感じる。
今、このタイミングで話をすることが、ドイツW杯に向けて良い影響が出ると考えているのだろう。さすが、世界を知っているジーコ監督。
あまり持ち上げてばかりでは気持ち悪いので、違う話を。国内組だけでなく、欧州組が混在した時にどうチームとして機能させていくかが、今後の課題ではないか。
久保選手を使うことは悪くないが、欧州組が入ってきた時、また高原選手や鈴木選手,柳澤選手を起用するのか?そこが気がかりでならない。個人的には平山選手を控えでもいいから選んで欲しい。それが「ドイツW杯以降」を見据えた戦略になる。・・・まあ、ジーコ監督はドイツW杯までだから、その後は考えないか・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-02-09 12:47 | スポーツニュース
Excite エキサイト:レッズ小野、ビッグ会見…移籍金総額9億円!!
浦和MF小野伸二(26)の加入会見が26日午後、埼玉スタジアムで行われた。小野の浦和復帰は4年半ぶり。契約期間は2月1日-09年1月31日までの3年間。浦和が前所属先のオランダ・フェイエノールトに支払う移籍金は250万ユーロ(約3億4600万円)とされ、年俸はJリーグの日本人選手最高額となる1億8000万円。

小野伸二選手、どうかドイツW杯まではケガしないでくれ!Jリーグの各選手、小野は削らないでくれ~!

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-01-26 18:00 | スポーツニュース
Excite エキサイト:<近藤貞雄さん>戦後の名将死す 関係者から惜しむ声スポーツニュース
先発、抑えの投手分業制などの独自理論で球界に新風をもたらした元中日監督の近藤貞雄さんが2日、亡くなった。アイデアマンとしての評価がある一方、監督時代は審判への猛烈な抗議でナインを鼓舞するなど、ファンに根強い人気があった。戦後のプロ野球界に貢献した名将の死去に、関係者から惜しむ声が相次いだ。


中日ドラゴンズファンとしては、1982年の監督時代のリーグ優勝が懐かしく想い出されます。鈴木孝政投手、小松辰雄投手、牛島和彦投手という偉大な抑え投手を育てた人。
大量得点差の勝ち試合で、守備が上手い人を次々と起用し、アメフトのようにオフェンスとデフェンスを明確に分けて考えるなど、野球の既成概念を取り払った発想を持った人だと理解していました。
「瞬間湯沸かし器」とも言われ、よく審判に抗議していた(特に巨人戦だったような・・・)ことも、記憶に残っています。ご冥福をお祈り致します。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-01-03 01:06 | スポーツニュース