日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

<   2005年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

民族の枠を超えて

Excite エキサイト:民族対立続くボスニアの町で、ブリース・リーの彫像完成

内戦終結後もイスラム教徒とクロアチア人の対立が依然として続いているモスタルだが、ブリース・リーはどの民族にも人気が高いという。
像建立を推進した団体のメンバーは、「ブルース・リーがわれわれを団結させるというわけではない。人はみな違うし、団結させることはできない。我々はいつでも、イスラム教徒、セルビア人、クロアチア人だ。だが、皆が共通に持っているものが、ブリース・リーだ」と指摘。


その土地の、何のゆかりもない映画スターの彫像を建てることが面白い。
ボスニアに関連した人物の彫像だと、その人物を好む民族以外の人に破壊されてしまうおそれがある。そのため、民族や宗教とは関係のないブルース・リーの彫像をつくったのではないか。

民族や宗教の枠を超えた“皆が共通に持っているもの”を育んでいくことこそが、紛争を解決する一歩として大切な要素かも知れない。


アサヒ・コム:ブルース・リー像のヌンチャクなくなる ボスニア

AFP通信によると、戦うポーズの右手に持っていたヌンチャクの棒の一部と鎖の部分がなくなっていた。周囲には、ワインの瓶が散乱していた。
26日の式典には、モスレム人とクロアチア系住民ら約300人がそろって参加。32歳の短命だったブルース・リー像の除幕を祝ったが、わずか十数時間後に無残な姿の像を見た市民は「バルカンの野蛮な姿を再びさらけ出してしまった」と嘆いた。

破壊されてしまった・・・・。民族問題は難しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-27 21:04 | 海外ニュース

呆れるほどの酒好き

Excite エキサイト:教諭が警察まで酒飲み運転 青森、聴取に向かう途中

教諭は事故の数日後には肝機能障害で入院する予定となっており「飲めなくなるので、飲みたくて飲んだ」と話しているという。
(略)応援で弘前市の陸上競技場へ向かう途中、衝突事故を起こし、同日夕に書類作成のため青森署へ自分の車で向かった。途中、コンビニエンスストアで缶入りの水割りウイスキー2缶(約350ミリリットル)を買い、うち約200ミリリットルを飲みながら運転したという。

肝機能を患うほどの酒好き教師。事故(これもお酒が原因?)を起こし、その書類作成のために警察へ行く途中に飲んでいる。

しかも、彼が飲んだのは、ウイスキー。CVSに日本酒は置いていないのか、ビール程度だと酔わないのか分からないが、水割りウイスキーを飲んだ。
ウイスキー離れが深刻だが、こういうことで貢献しても、イメージダウンになるだけだ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-25 22:25 | 一般ニュース

缶チューハイ競争

Excite エキサイト:サッポロが焼酎に参入 キッコーマンから取得

低アルコール市場の中で、缶チューハイが元気なため、そこに参入しようという意図は分かる。しかし、後発なだけに、よほど差別化しないと難しいだろう。

ジュースより安い低価格化か、紙の容器でリサイクルしやすいとか、ヒモを引っ張ると温かくなるとか、何かを後からいれると味が変わるとか、とにかく斬新なものでないと、現在の競争に追随できないのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-25 22:15 | 経済・企業ニュース
ニッカンスポーツ:日本代表ジーコ監督後任はベンゲル氏有力

個人的には、現柏レイソル コーチのラモス氏の監督姿を見たい。

実績?
ビーチサッカーW杯で日本代表監督としてベスト4にした実績があるではないか。

是非、熱い闘志を日本代表に注入して欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-25 16:48 | スポーツニュース
「不誠実な英国人調査」 | Excite エキサイト

「身分詐称は消費者にとって最も大きなリスクです。しかし弊社の調査では軽度の身分詐称は、社会的に受け入れられているのではないか、と思われるくらい一般的です」


警備検証システムの専門企業が調査しているが、学歴詐称や軽い文書偽造は日常茶飯事のイギリスの実態が浮き彫りになっている。

仮病のための文書偽造はかわいい(?)が、学歴詐称は、イギリスが厳然たる階級社会だということの現れではないか。

学歴である程度の階級が分かるような社会にあって、その階級から逃れる(もしくは憧れて)学歴を詐称する風土や文化があるようだ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-25 16:40 | マーケティングニュース

現場のリアル感を伝える

コネタニュース:真実を見極める
ガイドブックのこんなフレーズにご用心!? | Excite エキサイト

記事を書いている人にとっては、嘘をついている訳ではないですが、そのガイドブックを購入して、それを信じてイメージを膨らませて訪ねてみたら・・・というケースが多いようです。

読者としては、その記事に、いかに記者の本音・実感・リアル感・臨場感があるかを、嗅覚を研ぎ澄ませて見極める必要がありますね。

商業的な記事に対比して、実際に行った人の口コミ情報がいかにリアルか。多少の偏見が個人的には心地よかったりします。実際にお金を出して現場に行った人の声がいかに適確かよく分かります。

自分も少なからず、文章を書く立場ですから、現場のリアル感を大切にしたいと思います。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-25 14:27 | 一般ニュース
Excite エキサイト:<大手銀行>三菱UFJの利益、トヨタ自動車を上回る

リテールの手数料収入=一般消費者が出したり入れたりする時に発生する手数料が基本になっている。
しかし、本当の収益力を向上させるためには、もっとリテールにおけるサービスを拡大しないといけない。

ATMの安全性を強化し、24時間手数料無料で出し入れできるようにして欲しい。
105円~315円もとるな!ということ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-24 21:41 | 経済・企業ニュース

文化の違い

Excite エキサイト:米ディズニー、香港DNLの入場者数低迷報道に反論

中国(香港)との文化の違いを感じる。
ディズニーランドはアメリカ文化であり、それが中国(香港)では受け入れられないという前提で記事にしている中国人記者や体制の姿が見える。

日本のように、何だか分からないが、盛り上がるものならば取り込んでしまおうという、一種の寛容な文化(ゆえに、伝統的な文化が薄れていくという側面もある)の体質が違う。

ヨーロッパも同じ。フランスでディズニーランドは難しい。日本で成功したからといって、他国でうまくいくことはない。日本が特殊な文化だからだ。
英語でも中国語でも、取り入れて汎用させてしまう国だ。こんなに外来語が氾濫する国も珍しいのではないか。それだけ寛容な文化なのかも知れない。

そのことは、自分は嫌いじゃない。
それだけ柔軟な文化を持っているということが言える。
神にしても、八百万あることは悪いことではない。それだけ、多様なものに価値を見出すことができるからだ。(ディズニーから神を語ってしまった・・・)

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-24 17:13 | 芸能ニュース
ドイツ人の人生最大の喜びは名前より長い肩書きを持つこと | Excite エキサイト

保険会社「アリアンツ」が1000人を対象に行ったアンケート調査結果だそうだ。
資格や肩書きが重視されるのは、日本も同じだ。それが、個人の人格を形成するのに、大きな要素を占めているという考えだ。

対してアメリカは、肌の色が人格を形成しているとしているし、イギリスは氏素性が人格を形成していると考えている社会である。と、半ば断定的に記述するが、あくまで個人的な感想です。

日本はさらに、お金をどれだけ持っているかが、パーソナリティの大きな部分を占めると考えている人が多い。(あくまでも個人的な感想であり、そうではないと思いたい自分がいます)

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-24 17:04 | 海外ニュース
Excite エキサイト:<耐震偽造>全国の技術職員投入し調査チーム 国交省

国交省によると、偽造された構造計算書は1件あたりの書類も大量なうえ、複雑なコンピューター計算など専門性が高い。調査には「偽造を見抜く目利きが必要」であることから、同省住宅局の建築指導課だけでなく、新たに官庁営繕部や、地方の営繕部職員を加えることになった。

専門家が見なくても、素人目に見てもこのマンション、大丈夫というものがある。
そういう一般から情報を集めて、そういったマンションを重点的にチェックする方が効率が良い気がする。まず見た目で判断し、その後書類をチェックすべきではないか。
そうすれば、それほど専門家を動員しなくても体制が整えられる。

それにしても、今回の事件は、誰が告発したのか。もし、国(国土交通省の下部機関?)が意図的にリークしたとしたら、小泉首相の行政改革に批判し、天下り先を強化する方向にいかないか、心配な部分もある。杞憂だといいが・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-11-24 16:57 | マーケティングニュース