日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

<   2005年 12月 ( 62 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト:「バブル期以来」が続々 記録ずくめの05年日本経済
東京株式市場は、8月の衆院解散前後からほぼ一本調子で上昇。28日の日経平均株価は1万6,194円61銭と年初来高値を更新し、約5年3カ月ぶりの水準まで回復した。構造改革の進展を材料に買いを主導した外国人投資家に、インターネット取引を活用した個人投資家が加わり、11月には東京証券取引所1部の出来高がバブル期の約4倍を超える45億株に達した。

バブル期並の経済活況の芽が生じており、来年を期待する声が多い。
しかし、我々国民はバブル期後の経済状況も経験しており、同じ轍を踏まないと思う人が多いので、大胆な投資より慎重な投資を行う人が増えるのではないか。
そういう意味では、株価は多少乱高下するも、それほどひどい事にはならないと期待する。
来年は良い年を祈念します。
人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-29 07:29 | 経済・企業ニュース

流通業の再編

Excite エキサイト:ミレニアムの全株式取得へ セブン&アイ
イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパンなどを抱えるセブン&アイ・ホールディングスは26日、西武百貨店とそごうの持ち株会社ミレニアムリテイリングの全株式を取得し、経営統合する方針を明らかにした。

流通業界の再編を感じる。これでイオンを抜いて、事実上トップの売上高になる。
いよいよ日本も「メガ流通業時代」を迎える。少子化の中、規模の大きさで勝負しないと厳しい業界ではあろう。今後は、ドラッグストアやディスカウントストアなどとの競合も視野に入れないと厳しくなるだろう。その時は、どこかのドラッグストアの買収の可能性もあるか?

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-26 10:50 | 経済・企業ニュース
Excite エキサイト:23日も日本海側で大雪=新潟の停電、夜もなお
新潟県では、夜になっても約3万5000戸の停電が続いた。新潟市は、高齢者らを対象とした避難所を約60カ所開設した。

夜、暖房器具が使えないときつい。石油ストーブがバカ売れだそうだ。
今や殆どの暖房器具は電気に、それもコンセントに依存している。
石油ストーブが減少する中、電池や自分で発電する暖房器具があっても良い。例えば、コタツの横に取っ手があり、それを回すと一定時間発熱してくれるとか、自転車のようなマシーンで発電するとか・・・。身体を動かすことでも暖まるし、ダイエットにもなる。
停電の地方の方、お見舞い申し上げます(停電だとインターネットもつなげないか・・・)。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-23 00:15 | 一般ニュース
Excite エキサイト:<気象庁>今冬は20年ぶりの寒冬の可能性高く
気象庁は22日、この冬が20年ぶりの全国的な「寒冬(かんとう)」になる可能性が高いと発表した。これまで同庁は「今シーズンは暖冬」としていたが、12月が記録的な寒さと大雪になったことから予測を見直した。

・・・表題はしゃれです。関東の平野部にも寒冬は来ていますが、他の地域のように大雪は降っておりません。
近年暖冬と言われ、本来雪が降る地域、スキー場などは四苦八苦していましたが、今年はホッとしているのではないかと思います。いや、むしろ雪が多すぎて人が来ない、雪かきのために人手やコストがかかると言ったことが予想されます。過ぎたるは及ばざるが如し。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-22 23:46 | 一般ニュース
Excite エキサイト:<若者意識調査>「今の会社に一生勤める」新入社員に増加
(財)社会経済生産性本部は、春と秋の新入社員研修の参加者を対象にアンケートをしており、秋の研修参加者のうち537人から回答を得た(回収率48.3%)。
「今の会社に一生勤めようと思っている」のは25.6%で、前年同期比8.1ポイントの増加。一方、転職する際の決め手として「仕事のやりがい」を1位に選んだのは同8・2ポイント減の56.0%で、3年ぶりに6割を下回った。「給料」としたのは同3.2ポイント増の25.0%で、3年連続で上昇し、転職志向は弱まったものの、転職する際には「やりがい」より「カネ」を重視する傾向が出てきた。
「業績や能力が大きく影響する給与システム」の希望者は64.0%で、前年同期比0.3ポイント減、「仕事を通して発揮した能力を基に評価され、昇格に差がつくような職場」の希望者は3年連続減少の69.0%となり、過半数が能力主義的な処遇を望んでいるものの、その傾向は弱まってきた。さらに、「仕事の成果で評価されることを前提に、時間・場所などを自由に選べる職場」の希望者は29.9%で、この設問を始めた98年春以降では初めて3割を切った。

果たしてこの結果が、保守・安定志向なのか?上手くやりたい仕事・会社が見つかって就職できたというマッチングが的確だったのかも知れない。
もしくは、激化している就職戦線を勝ち抜いたからには、長く会社に居続けようという気持ちが強いのかも知れない。

給与に関して、能力主義を望む声が若干下がっているのは、今の査定方式での能力主義は本当の能力を評価したものではないということも、一部あると思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-22 13:41 | マーケティングニュース
Excite エキサイト:日本人の人口、初の減少 厚労省の05年推計
日本に住む日本人の人口は2005年に初めて減少に転じることが22日、厚生労働省の人口動態統計の年間推計で分かった。出生数から死亡数を引いた「自然増加数」はマイナス1万人で、統計を取り始めた1899年以来初の「自然減」となる。

都心部では0歳児からの保育やベビーシッターが少なく、あっても料金が高い。それに加えて、そういうところに預けようものなら、「親失格」「育児怠慢」と陰口される社会。
そういう社会風潮を是正しないと、産み・育てる人がこれからも減ってくるのではないか。
マーケティング的には、ボリュームゾーンが団塊世代、団塊ジュニアの後の「団塊サード」に移ると依然は言われていたが、それも平坦になってきている。ボリュームゾーンよりも、階層を意識する階層社会に近づいている。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-22 13:04 | マーケティングニュース
Excite エキサイト:<麹菌ゲノム>日本の研究チームが解析 産業への応用期待
しょうゆやみそ、清酒など日本の伝統的な醸造食品づくりに欠かせない麹(こうじ)菌のゲノム(全遺伝情報)解読に日本の産学官の共同チームが成功した。解読結果を活用し、麹菌の遺伝子の機能解明が進めば、バイオテクノロジーを利用した新たな産業応用も期待される。22日発行の英科学誌「ネイチャー」に発表した。

今後のゲノムビジネス,バイオビジネスの拡大を予感させる。
菌の研究が進めば、食品だけでなく、医学・アレルギーなどの研究も期待できる。さらに微細な遺伝子情報の解明が進めば、鳥インフルエンザなどの対策が可能になるのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-22 08:57 | マーケティングニュース

環境保護と自然保護

Excite エキサイト:国内最大の風力発電操業へ 稚内の丘陵に57基の風車
約4万世帯分の年間消費電力を賄うことができ「民間風力発電の大黒柱となりたい」(発電事業会社)と意気込むが、貴重な渡り鳥の中継地だけに自然保護団体は悪影響を懸念している。

風力発電を設置することで、CO2排出を抑え、環境保護に役立つ。その一方で、設置した地区に飛来する渡り鳥の環境を破壊する。
環境保護と自然破壊が同時に発生する。人が生きる限り、その矛盾は常につきまとうことだと改めて考えさせられる。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-21 17:09 | 一般ニュース
Excite エキサイト:レジで買い物10秒で ファミマと伊藤忠が実験へ
ファミリーマートと伊藤忠商事は、ICタグ(電子荷札)を使って商品の値段を一括して読み取り、レジで支払いにかかる時間を短縮する実験を2006年1月末から行うと発表した。
タグは2-3センチ程度の正方形で、弁当や飲料などの商品情報を書き込む。客が商品を入れたかごをレジの上に置くと、スキャナーが瞬時に商品の値段や種類を読み取り合計金額を計算する。支払いはJR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」を使うため、レジを通過するのにかかる時間は通常の半分の10秒程度で済むという。

ICタグが実験的にせよ実際に社会に入り込んできた。2006年が、ユビキタスネットワークが本格導入される元年になるのかも知れない。
先週、TRONSHOW2006を東京国際フォーラムで観た者としては、様々な場面で登場するのは歓迎だ。
しかし、下記参考にもあるように、支払い方法がCVSによってまちまちだし、レジの人の対応や操作がもたもたしていたら、逆にいらいらするような気がする。人はユビキタスにならないから。

参考:さまよえる電子マネー
参考:ひとついいか?
人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-21 08:50 | 一般ニュース
Excite エキサイト:<市場化テスト>美術館・博物館での06年度実施は見送り
この問題では、推進会議側が「質の高いサービス提供には競争が必要だ」と市場化テストの早期実施を主張。これに対し、文部科学省は「文化芸術の振興に市場原理はなじまない」と反対し、真っ向から対立していた。11月3日には平山氏ら文化人38人も「効率性追求による文化芸術の衰退を危惧(きぐ)する」との声明を出した。

メディアのあまり根拠のない「公共性」と違い、文化芸術は「公共性」が間違いなく介在するので、全て競争原理が必要とは思わない。
しかし、競争が全くなくサービスの質が低いようでは、一部民間に導入することも必要だと感じる。博物館や美術館の食事や、絵画や美術品を解説してくれる人の言葉遣いやプレゼンテーションなど、もっとエンターテイメント性が欲しいと感じる時もある。
旭川動物園のように、立地的には良くないが、様々な工夫で上野動物園より入場者が多いという例もある。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-20 08:53 | 一般ニュース