日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

<   2005年 12月 ( 62 )   > この月の画像一覧

やはり開催時期の問題

Excite エキサイト:松井秀WBC辞退へ…趣旨に疑問
松井は当初から出場に強い難色を示してきた。その背景にあるのがWBCの大会趣旨と開催時期の問題だった。WBCは野球の国際的普及をうたっているが、一部からは、MLBが新たに見いだした収益源との指摘がある。
さらにプレーヤーとして大きな問題が3月という開催時期だった。調整に1カ月以上の前倒しを強いられることに加え、日本から米国への移動の問題もある。メジャーリーガー、ヤンキースの一員としてワールドチャンピオンを最大の目標に掲げる松井にとって、公式戦開幕に万全の状態で臨むことこそが最優先事項との信念がある。それは今オフに4年総額62億円の大型契約を結び「助っ人」から名実ともにチームの中心選手になったことで、その思いはさらに強くなった。

前(11/29)にも書いたが、やはり開催時期の問題が出てきた。↓(そのまま貼り付けた)
辞退者の一人でもあるドラゴンズの岩瀬投手が言った「3月に調整を間に合わせようとすれば、肩がパンクしてペナントレースが戦えない」という意見にも納得できる。
個人的には、3月に行うことがおかしい。4月~10月の間に戦えなければ辞退しても良かったと思う。ペナントを中断しても、コンディションの良い時期に行うべきだ。
野球の、国の代表に対する国民の意識は低い。というのは、オリンピックの正式種目からはずされるほど世界では人気がない。
人気を高めるためには、このWBCで本当の日本代表、アメリカ代表を選抜して戦える環境を整えるべきではないか。そのためには、コンディションが高い4~10月の間に開催すべきと考える。
3月に無理やり選手に出させて、けがをしたらペナントレースを台無しにするし、本人の年俸に跳ね返る。そんなことはないと信じるが、手を抜いた試合も観たくない。だったら、やらない方がましだ。(でも、楽しみに観てしまうだろうな)

本当に選手とファンの気持ちを考えるなら、オールスターの時期や日本シリーズやワールドシリーズ直後に開催して欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-14 09:00 | スポーツニュース
中国新聞:広島女児殺害 報道のあり方検証
珍しく?新聞メディアが自分たちを含めた今回の事件の報道姿勢や集団的過熱取材(メディアスクラム)について検証しているので取り上げたい。
全国に大きな衝撃を与えた広島市安芸区の小一女児殺害事件。ピーク時には約三百人の報道陣が現場周辺に集中し、連日、取材活動やテレビ中継を展開。事件や捜査経緯についてきめ細かく伝えた。各社とも取材では「節度を守った」とするが、多数の報道陣が狭い地域に集中したことで「生活に著しい影響があった」との住民の声も少なくない。取材、報道の使命を果たしながら、どう集団的過熱取材(メディアスクラム)を防ぐか、という観点から、今回の現場の実態や課題を検証する。(小川満久)
「段ボール箱を最初に見たのはいつですか」「どういう状況でしたか」。女児の遺体が入れられた箱の第一発見者の男性(68)は事件当日、三十人以上の報道陣に囲まれた。その後も午前零時ごろまで自宅の呼び鈴や電話が鳴りやまず、同じ質問を繰り返し受けたという。「最初の三日は家を出るのも一苦労。事件解決に協力したい気持ちもあったが、最後はうんざりだった」

■16社申し合わせ
遺族からの取材自粛要請を受け、広島に拠点がある新聞、テレビなど十六社で構成する広島県編集責任者会は翌日、社会的影響の大きい事件であることを踏まえて、「取材、報道の使命は重要」と再確認した上で、「節度を持って取材・報道に当たる」ことを申し合わせた。中国新聞社は、いやがる人に無理に質問したりカメラを向けたりしないことや、社員証か腕章を着けることなどを記者に指示した。

■駐車トラブルも
しかし、取材相手の了承を得ない撮影や、路上駐車など車をめぐるトラブルもあった。中には、不審者情報を受けて警官が現場に駆け付けると、腕章を着けていない記者だったという例もあった。女児がかわいがっていた犬の飼い主男性(48)にも取材陣が集中。「顔を出さないように頼んだが守ってくれない社もあった」と明かす。
「家の前にずっと張り付かれ困惑した。まるで犯人扱いするような質問をし、記事にした雑誌もある。言葉の暴力だと思う」。そう語る女性(50)もいる。マスコミに対し「大変迷惑」「取材・撮影お断り」の張り紙を出す家もあった。ある記者も「他社が伝えていない情報の裏付けを取ろうと、同じ家に何度も通った」と明かす。競争心理が取材活動を過熱させた面もあった。
一方で、報道を評価する声もあった。女児が通っていた矢野西小の畠山淳一PTA副会長(42)は「保護者が知りたい情報を、学校からの連絡より早く知ることができた」と一定の評価を示す。さらに広島県警広報課によると、遺族は取材や報道について「ご配慮いただいた」という趣旨の言葉を話したという。
■「襟正す方策を」
中国新聞社は最多で十五人を現場に動員した。社会・経済グループの山城滋リーダーは「これまで以上に節度ある取材を徹底した。だが、他社も含めて大量動員される中で、住民にご迷惑をかけた面もあったと思う。今後、さらに改善する方法を模索したい」とする。
また取材、中継スタッフを合わせて約二十人を出した中国放送の大原健嗣報道センター長も「一定の自浄作用は働いたと思うが、他社の記者も多く、結果的に住民から過熱的との声が出てしまったのだろう」と振り返る。
広島修道大法学部の菱木一美教授(ジャーナリズム論)は「事件が落ち着いたら、紙面で地域の声をフォローするなどの対応が必要」と話す。さらに、メディア不信が高まる現状を踏まえ、「政府の報道規制につなげないためにも、大事件が起きたら独立して活動できる第三者機関を置くなど、メディアが率先して襟を正す取り組みが欠かせない」と指摘する。

上記は記事前文。若干“お手盛り”のところもあるが、反省すべき点は反省するとして記事になっていて、好感が持てる。

それにしても、今まで記者としての腕章や身分証を提示せずに取材しているあり方については疑問がある。個人個人は節度ある行動を取ったとしても、人が集団で押しかけると、一種のヒステリー状態に陥ってしまうのは、祭りなどでも明らかだ。
そういった点を改善していかないと、正しい情報収集や報道が出来なくなると思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-13 23:08 | 一般ニュース

1日250円/年の効果は

Excite エキサイト:<万有製薬>国内初 飲む育毛剤を発売へ経済ニュース
万有製薬は14日、男性専用“飲む育毛剤”として国内初となる「プロペシア」を発売する。年間100億円以上の売り上げを目指す。服用は1日1錠で医師の処方せんが必要。メーカー参考価格は1錠あたり税抜きで250円。
発売するのは1ミリグラムと0.2ミリグラムの2種類で、脱毛症の原因物質とされる男性ホルモンの一種の「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する。国内の臨床試験では、1ミリグラムを1年間服用した被験者を写真評価した結果、58%で髪の毛が増えた。額から頭の中央部の脱毛を抑えるだけでなく、育毛効果もあるという。


1年間服用し続けたら、100人中58人の人が髪の毛が増えた状態になったということか。
1日1錠で、1錠250円(税別)だから、×365日=91,250円(税込み95,812円)。約9万6千円かかる。それで58%の人に効果がある・・・うーん、価格パフォーマンスがあるのかないのか分からない。
ただ、飲むということと、中身の成分に関しては効き目はあると思う。まだ、お世話にならないが、気軽に育毛できるものが出来て、将来は安心か?

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-13 22:52 | 経済・企業ニュース
Excite エキサイト:<国境なき技師団>建築や土木の専門家ら設立 被災地へ派遣
具体的には、
▽被災した建物や港湾施設などの診断を行い、継続使用の可否判定や修復方法の提案を行う
▽構造物の健全度診断や補強方法などの講習会を開き、普及を図る
▽各国語で防災教育の教材を作成し、継続的に防災教育を進める
▽研究生の相互交換や国際集会開催などで、国際的に防災の研究を推進する
などの活動を進める。


「国境なき技師団」というネーミングは良い。「国境なき医師団」に続いてノーベル平和賞を狙っているのかと穿った見方もあるが、日本の技術を世界に貢献できるチャンスであるし、これが本当の社会貢献だと思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-13 12:36 | 一般ニュース

広報が上手いロッテ

Excite エキサイト:ロッテが8選手の入団発表…初の一般公開で500人祝福
ロッテの新入団発表がJR千葉駅前のコンサートホール『ぱるるプラザ』で行われた。球団初の一般公開にはファン400人、応援団100人が集まり8選手の門出を盛大に祝った。質疑応答コーナーでは各選手が珍回答を披露。高校生ドラフト1巡目指名の柳田(青森山田)は現在の体重を聞かれ、「きょう計ったら107キロもありました」と豪快に答え、爆笑を誘っていた。


これはファンも喜ぶし、どんな選手が分かるし、さらに応援してやろうと言う意欲がわく。
選手も感激してモチベーションが高まる。
それにしても、ロッテはファンを大事にし、広報が上手い。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-13 08:52 | スポーツニュース

開発大連合傾向が続く

Excite エキサイト:米IDC、ブルーレイ勝利を予想コンピュータニュース
調査会社の米IDC社はこのほど、年末恒例の『来年のIT業界予想』(2006年版)を発表した。次世代DVDの規格争いでは、『ブルーレイ・ディスク』側の勝利を予測。大きなトレンドとしては、ハイテク各社が米グーグル社の手法を追いかける「グーグル効果」が続くという。
そのほか、マイクロソフト社を含むハイテク巨人が、オープンソース陣営のように開発コミュニティを形成することに関心を強めるという。世界のIT売上高は前年比5.5%増となり、2005年の6%より伸びが鈍るとみている。


記事の下部にあるように、今後も開発コミュニティ、コラボレーションをするタイプが増えてくる。開発費や情報秘匿、技術者が結集することでより良いものが開発できることに加え、より力や数がその後の標準化競争の勝者になる確率が高いためではないか。

日本でも、広告やプロモーション、商品開発のコラボレーションはあったが、今後は技術開発のコラボレーションが増えてくるだろう。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-13 08:48 | 経済・企業ニュース
Excite エキサイト:Dサプリサが準決勝へ 三浦知はフル出場も不発

テレビを見ていたが、カズの動きは悪くなかった。
少なくとも、日本代表の鈴木選手や柳沢選手よりも。

今回のドイツW杯の組み合わせは、実はカズが移籍したチームの国となっている。ブラジル、クロアチア、そしてオーストラリア。少なくとも、カズはそれらの選手のデータを体験的に熟知しているだろう。(ブラジルは若い頃だから、その時の選手はいないかも)

しかし、今回の試合を見ても、カズは選手としても、精神的な支えとしても頼りになる。ヒデ一人に依存することなく、多様性が生まれるのではないか。(ヒデ派、カズ派と分かれるのは得策ではないが)
個人的には、W杯メンバーの中に是非入れて欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-12 22:36 | スポーツニュース

ゆりかご屋さんが儲かる

Excite エキサイト:ローマ法王、「クリスマスの精神汚す」と物質主義を批判
ローマ法王ベネディクト16世は11日、日曜恒例の祝福を行い、まん延する商業主義がクリスマスの精神を汚している、と批判した。
法王は、サンピエトロ広場に集まった群衆を前に「現代の消費社会では、不幸なことに毎年この時期になると、ある種の商業『汚染』によって、本来のクリスマス精神がゆがめられてしまう事態となっている」と指摘。
また、クリスマスは厳粛に祝うべきものであるとし「信仰の気持ちを表し、それを子供たちに伝える簡素かつ効果的な方法」として、イエス・キリスト生誕を祝うゆりかごを各家庭に飾るよう信者たちに呼びかけた。

ローマ法王、もっと言ってくれ。なぜクリスマスにプレゼント買わなくてはいけないのか。商業主義におかされなくてはならないか。
しかし、最後のコメントを聞くと、ゆりかご屋(ゆりかごを自ら作れる人はいる?)を儲けさせる発言に受け取る輩も出てくる。
結局、今までにプラスしてゆりかごを購入し、飾りつけなどさらなる商業主義に拍車がかかるかも知れない。(厳粛に受け止めれば、そうは捉えないが・・・)

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-12 22:24 | 海外ニュース
Excite エキサイト:評価基準の明確化求める 不動産証券で中間報告
不動産を証券の形で投資家に売る不動産証券化市場の拡大を目指す国土交通省の国土審議会と社会資本整備審議会は12日、個人投資家を保護する立場から、耐震性や収益予測など不動産評価基準の明確化を政府に求める中間報告をまとめた。
政府が来年の通常国会に提出する予定の、株式など金融商品を対象に情報開示の在り方などを定める「投資サービス法案」に反映させる。
両審議会は、今後市場拡大の担い手として期待される個人投資家に対し、開示すべきリスク情報の項目として、物件の稼働率や建物の管理状況のほかに社会問題化しているアスベストの使用状況、耐震性を挙げた。

このための実現に、今回の構造計算偽装問題の公開があった!というのは言い過ぎか。
せっかく証券化しても、購入した証券(=不動産物件)が耐震性が伴わない、あるいが公開した情報が偽装だった場合のケースを検討したのか、良いタイミングで審議されている。

願わくば、今回の事件が浮き彫りにした問題点を解決した内容を法案に反映させて欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-12 22:17 | 一般ニュース

三者丸く収まる

Excite エキサイト:花王陣営への売却内定 カネボウ、4400億円
産業再生機構は12日、再建を進めているカネボウ、カネボウ化粧品の売却先を、花王と日系ファンド3者の連合に内定した。関係省庁との調整を経て、16日に開く産業再生委員会で正式決定する見通し。売却額は再生機構が投融資した金額を上回る4400億円程度に達する見込みだ。
カネボウ2社の売却先が内定したことで再生機構は大型案件の処理にめどを付けた。カネボウの再建が黒字で完了することで、再生機構の再生案件全体の帳尻が黒字化する見通しになった。


再生機構、国民、そして花王にとっても良い買い物ではないか。再生機構はもちろん、そこが黒字になれば国民の無駄な税金も投入しなくて済み、花王もライバルの買収で事業拡大が可能になる。三者が丸く収まった。
さらに、社員としても、このまま再生機構の管轄化に置かれるよりは処遇を含めて良い方向に向かうのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-12 22:05 | 経済・企業ニュース