日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー

<   2005年 12月 ( 62 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト:日本産牛肉の輸入解禁へ 米政府、12日にも発表
米政府が、日本での牛海綿状脳症(BSE)発生を理由に2001年9月から輸入禁止にしている日本産牛肉について、数日中に解禁を発表する見通しであることが7日分かった。日本政府による米国産牛肉の輸入再開決定が見込まれる12日に合わせて公表する可能性がある。

米国への国産牛肉の輸入再開は、国内畜産業者にとっては喜ばしいことかも知れないが、我々一般庶民はますます手に入りにくくなるのか?

それよりも、米国輸入は本当に安全なのか?そちらの方が心配だ。
BSEはすぐに症状が出る訳ではない(潜伏期間に長短の幅がある)ので、やっかいだ。
とはいえ、今でも輸入牛肉を食べているので、それが完全に安全かどうかは分からない。
米国牛肉もリスクは同じかも知れない。国産牛肉を食べたいなぁ(+安く・・・)。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-08 09:00 | 経済・企業ニュース
Excite エキサイト:左袖に…ジーコジャパン新ユニホームの秘密とは?

大会試合球を開発・販売を行うのが、今回の日本代表のユニフォームを作成したアディアス社だから出来たとのこと。

この幾何学的な模様が、2006年の6月に皆が熱狂して見守るデザインになるようだ。
(映像は上記ニュースをご覧下さい)

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-07 18:12 | スポーツニュース

合掌

Excite エキサイト:映画「エリン・ブロンコビッチ」の弁護士が死去
ジュリア・ロバーツ主演の映画「エリン・ブロンコビッチ」でアルバート・フィニーが演じた弁護士エドワード・マズリーさんが5日、糖尿病による合併症のため死去した。73歳だった。マズリーさんの法律事務所が6日明らかにした。


ライフログで映画「エリン・ブリコビッチ」を取り上げていたので、トラックバックしました。
好きな映画であるし、弁護士のあるべきひとつの姿と想い、感動しました。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-07 15:47 | 海外ニュース
Excite エキサイト:時刻表のないバス、そのワケは?
バス停には電子掲示板が立っていて、そこにバスが到着するまでの時間が表示される仕組みになっているのだ。「10分」→「9分」と分ごとに表示され、乗客はバスの到着時間を正確に知ることができる。これは、カーナビゲーションなどに使われているGSP(グローバル・ポジションニング・システム)を利用したもので、衛星を通じて、今どこにバスが走っているのかをキャッチする。バスの運転速度とバス停までの距離から所要時間をわりだし、その情報が電子掲示板に表示される、という仕組み。掲示板に「DUE」と表示されれば、その直後にバスが到着する。

日本の場合、GPSを使って携帯電話の地図にバスの動きが30秒更新で掲載されていると、便利だ。

「携帯電話」「30秒更新」がポイント。PCを持ってバスに乗る人は少ないだろうし、バス停の電子化はお金もかかる。バスにGPS機能をつけて、市販の地図ソフト会社にそれをトレースできるようにすれば、今どこにバスがいるか、渋滞でとまっているのかどうかが分かる。

まあ、私ごとき素人が言わなくても、開発を進めている人はいると思うので、早く導入されることを期待したい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-07 15:01 | 海外ニュース
Excite エキサイト:問題温風機5万円買い取り 松下、対策費100億円超
石油温風機による一酸化炭素(CO)中毒死亡事故を起こした松下電器産業は6日、問題機種の回収のため所有者が希望すれば1台5万円で買い取るほか、テレビCMは10日から10日間、すべて注意を呼び掛ける内容に切り替えることを柱とする対策をまとめ、経済産業省に提出した。

当然の対応であろう。車や石油ストーブの場合、下手をすると命や財産を失いかねない瑕疵が生じる。
製品の質が落ちてきたのか、こういったリコールに発展する製品が増えている。それとも、以前からもあったが、それほど大きな事件にならなかったので報道されなかったのかも知れない。新聞をよく見れば、毎年リコール回収は起きているのだから。

ただ、死亡事故につながるような大きなものはあまりなかった。社会的責任がクローズアップされている今だから、厳格に対応して欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-07 08:47 | 経済・企業ニュース
Excite エキサイト:8割は外出後の手洗い励行 片付けまだまだ、3歳半児
調査は2001年生まれの子供がいる世帯を対象に、子供が3歳半になった時点で実施し、4万1500世帯余りから回答があった。
健康について意識して何かをしている家庭は97%に上り、内訳(複数回答)は「外出後の手洗い」と「歯の仕上げ磨き」がともに79%。「外出後のうがい」「早寝早起き」が43%で続いた。
身に着いているしつけは「あいさつ・返事」が84%だったが、「バスや電車で騒がない」「遊びの後の片付け」は、できる子供が半数に満たなかった。いずれも95%以上の親がしつけをしている項目だが、口うるさく言っても従わない子供の姿が浮かぶ。


3歳半で「あいさつ・返事」ができるのが8割以上なのか・・・。うちは・・・ダメ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-06 18:21
Excite エキサイト:校内LAN、50%足らず 文科省、目標の達成困難
学校内に構内情報通信網(LAN)を整備している公立小中高校の普通教室の割合は49%で、文部科学省が本年度中の目標とする100%を大きく下回っていることが6日、同省の調査で分かった。(略)
同省の9月時点の調査によると、100%の目標を立てた高速インターネットの接続率は84%、コンピューターを使って指導できる教員は74%にとどまった。コンピューター1台当たりの児童生徒数は目標の5・4人に対し、7・6人だった。

半数ですか。まあまあではないでしょうか。

コンピュータに関しては、コンピュータを使って指導する前に、コンピュータとは何か?インターネットとは何か?その際の倫理や哲学・道徳といったものが備わっていないと、後でモラルハザードが起きると感じる。
そういうこと、つまりコンピュータと哲学(あるいはコンピュータの哲学)を語れる教師は皆無ではないか。

若い子は、コンピュータを使いこなすことは、教わらなくても身体で覚えるだろう。それよりもコンピュータ及びインターネットとはどういうものか、そこで引き起こされる社会との接点での数々のトラブルを実例を挙げながら問題と使い方を教える、つまり本当のリテラシーを養う教育が必要なのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-06 12:29 | スポーツニュース
携帯電話、ユーザーの約6割に買い替え意向、「デザイン」を重視
ネプロジャパン(本社:東京都中央区)は2005年12月2日、携帯電話ユーザーを対象に実施した端末の買い替え意向調査の結果を発表した。約6割が買い替えを考えており、その際「重視すること」は「デザイン」が最も多かった。
調査結果によると、携帯電話の買い換えを「考えている/そのうち買い替えたい」が46%、また「考えている/すぐに買い替えたい」は17%で、合わせて約6割が買い替え意向を持っていた。逆に「買い換えは考えていない」は29%。あとの8%は「どちらでもない」。
使用中の端末の購入時期は、「約1年前」(33%)、「半年以上前」(26%)、「2~3カ月前」(17%)、「約2年前」(12%)の順で、8割超が約1年以内。また、「買い替える時」は、「老朽化が気になりだした時」が73%でトップ。以下、「新機種が発売された時」(32%)、「携帯電話の値引き、値下がり時」(27%)などがあげられた。
また、「買い替え時に重視すること」は、「デザイン」(76%)、「価格」(67%)、「ディスプレーの見やすさ」(60%)がトップ3。年代別では、20代が他の世代よりも、よりデザインを重視する傾向があった。
iモード、Vodafone live!、EZwebの公式サイト「ザ★懸賞」上で、11月10、11日の両日にアンケートを実施した。有効回答数は4345人(男性41%、女性59%)。年齢構成は、19歳以下が7%、20代が41%、30代が37%、40代以上が15%の割合。

引用が長くなってしまったが、記録として残す。
今の携帯電話の機能は各社横並び。料金体系も然り。すると、選択は機種のデザインに依存することになる。携帯電話も成熟期に入ったということか。

携帯電話+ネット、メール、カメラ、テレビ・・・と進化してきた。さらなる進化(果たして進化かどうかは置いて)を果たすと、違う選択肢が出てくるのかも知れない。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-06 09:23 | マーケティングニュース
Excite エキサイト:渡辺会長 入札制度の廃止訴える
巨人・渡辺恒雄球団会長(79)が5日、ポスティング・システム(入札制度)の廃止を強く訴えた。(略)渡辺会長は「良くないよ。あれは不平等条約だよ。だからポスティングは絶対ダメ。廃止?当たり前だ」と強い口調で訴えた。これまでも「金もうけの手段として優秀な選手を海外に出すなんて」と入札制度には否定的だったが、廃止にまで言及したのは初めてだ。選手流出に対する強い危機感がうかがえた。

内容については言及しない。半分賛成・半分反対だから。
それより、「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」だ。上記の人物が言うと、本来説得力ある内容も反発を招く。別に肩書き上の話しではない。多分に本人の性格による。

企業でも同じだ。例えば、1時間の会議の最後の5分前で、上司が「この案件はもっと詳細を詰めなくてはいけないので、あと1時間延長しよう」というのは、内容は分かるがその後のスケジュールが崩れるので、心情として反発してしまうのと同じではないか。

そして彼の発言で、また野球ファンが離れていく・・・。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-06 09:05 | スポーツニュース
Excite エキサイト:作家ら26人が出版社を提訴 「問題集に作品無断使用」
ねじめさんのほかに訴えたのは、脚本家の倉本聡さんや児童文学者の灰谷健次郎さん、詩人の谷川俊太郎さんら。問題集の出版、販売の差し止めなどを求める仮処分も同地裁に申し立てた。
訴状などによると、英俊社は中学や高校ごとに過去の入試問題を集めた教材を出版。ねじめさんらは「許可なく、作品を使った入試問題を収録して出版し著作権を侵害した」と主張している。
著作権法で、入試問題自体は作者の許諾を得ず作品を使用できるとされるが、入試以外の目的では作者の許諾が必要とされている。

入試でよく文学作品が出題されるが、許諾の必要はないんだ。となると、作者に登場人物の気持ちとか確認して問題をつくっている訳ではないのね。
本当かどうか分からないのですね。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2005-12-05 23:08 | 一般ニュース