日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

受信料訪問集金廃止を検討 NHK
NHKが、訪問による受信料の集金方法を廃止する検討を始めていることが14日分かった。口座振り替えなどの方法に比べてコストのかかる訪問集金を廃止することで、人件費の大幅な削減を目指す。
受信料の契約件数は9月末現在、約3,600万件。昨年度末現在での契約件数のうち、口座振り替えなど、振り込みによる支払いは約82%で、残りの約18%は、地域スタッフが戸別に集金する訪問集金。

現在、振込みが82%、残りの18%は訪問集金。この残りの18%(648万件)への対応はどうするのか?そこは振込に切り替えてもらうまで訪問集金を続けるのか?

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-11-14 12:50 | 経済・企業ニュース
日清、明星と資本提携交渉 友好的なTOB検討
明星食品が、業界最大手の日清食品と資本提携交渉に入ったことが10日、明らかになった。日清から出資を受け、米国系投資ファンド「スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド」に仕掛けられた敵対的な株式公開買い付け(TOB)を阻止するのが狙い。
交渉がまとまれば、日清は明星に「ホワイトナイト(白馬の騎士)」として友好的なTOBを実施、明星を傘下に収めることも視野に入れているとみられる。

明星と日清が資本提携すれば、即席めんのシェアは50%を越え、日清の一人勝ちとなる。業界再編は必死。サンヨー食品、エースコックなどがジリ貧になる可能性がある。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-11-10 12:50 | 経済・企業ニュース
KDDI、10月の携帯電話契約数は20万0500台の純増
10月の携帯電話契約数(新規から解約を差し引いた純増数)は、KDDIでは20万500台だった。今回の月間契約数には、10月24日に始まった番号継続制(MNP)による転入出者分が初めて含まれている。このうち「au」は35万2,600台の純増、「ツーカー」は15万2,100台の純減だった。

KDDIの中でも、「au」は伸びて、「ツーカー」は減少した。auだけで見ると、35万台伸びている。他社の動向も気になるが、やはりauが一人勝ちしている状況のようだ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-11-08 12:51 | 経済・企業ニュース
<いじめ調査>やる方が「悪い」は半数以下 希薄な罪の意識

いじめをなくそうと呼びかけているNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(川崎市)が、過去3年間に講演活動で訪れた全国の小学校8校、中学校23校、高校5校の児童生徒約1万3,000人を対象としたアンケートの結果をまとめた。
それによると、「いじめる方が悪いと思うか」と聞かれ、「はい」と答えた小学生は6割を超えた。しかし、中学、高校生は4割台だった。「いじめられても仕方のない子はいるか」の問いに「いいえ」と答えたのは、小学生ではかろうじて半数を超えたが、中学生では4割を切った。一方、「いじめはなくせるか」との問いに「はい」と答えた比率は、学年が上になるほど少なくなる。「いじめを相談できる相手」は、「友だち」(56%)が多く、親は39%にとどまった(複数回答)。また、「周囲でいじめやそれに類する行為が今までにあった」と考える児童生徒は全体の82%に達し、いじめがまん延している実態がうかがえる。
同NPO理事の小森美登里さんは「年齢が上がるにつれ、いじめに対する慣れやあきらめが広がるようだ。優しい心で人とつながる方が心地よいということに気づいてほしい」と話す。講演で全国を巡り、娘がいじめを受けて自殺したつらい体験を語る小森さんのもとには多数の感想文が寄せられる。いじめの悩みを打ち明ける子もいる。ただ、ごく少数だが、こんな感想もある。「いじめが悪いとは思いません。人が(いじめを)やるのもその人の個性だ」(公立小6年男子)


「年齢が上がるにつれ、いじめに対する慣れやあきらめが広がるようだ。」調査したNPO理事の小森氏のコメント。いじめが学校教育の中で蔓延している様子が伺える。小学校の時期は、面白がっていじめが発生し、そこに罪の意識はない。何がいじめで悪いのか、教えないと分からない。
自分が通った小学校でも、一人を取り囲んで蹴るという“遊び”が流行った。当時はいじめているという感覚はなく、やられる方も、無差別(「やれ!」といった本人が最後に狙われるパターンが多かった)だった。しかし、学校が禁止にして始めて「悪いこと」と気づいた。各クラスで緊急集会が開かれ、“遊び”だと思っていたことが悪いことと教えられた。やっている最中は、スカートめくりのような感覚(スカートめくりも悪いが・・・)があった。
このように、小学校時代くらいは、遊びの感覚でいたが、中・高校になると、陰湿ないじめが始まる。その前に、小学校時代から「いじめは悪い事」と教え込まないと続くのではないか。学校で「いじめは悪い事」を繰り返し教えることが大切ではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-11-07 10:28 | 一般ニュース
更新時期10年見直しも 教員免許で文科相
伊吹文明文部科学相は6日午前の衆院教育基本法特別委員会で、政府が導入を目指す教員免許更新制について「いろいろな意見を聞いて、何年にするかは最終的にわたしの責任で判断する」と述べ、10年ごとの講習修了を要件とした7月の中教審答申にこだわらず、期間を短縮する可能性もありうるとの考えを示した。


車の免許は3~5年で更新している。教師の免許もその位の頻度で更新しても良い気がする。
免許制度よりは、社会に出た体験を2年以上した人が教師になれるような制度が望ましいと感じる。小・中学校の教師はまだ良いが、高校の教師が、自分が大学を出て社会に出た経験がない人が教師になって、生徒の進路を指導する。生徒は、そういう教師のアドバイスを聞かなければならない。社会での経験が2年としたのは、1年では充分理解できないだろうから。
社会に出なくても進路指導は出来るかも知れないが、個人的には社会経験のない人に自分の進路の話しをして欲しくないと思う。
そのため、大学進学へは、本人の希望ではなく、偏差値などの知識が中心の指導になってしまうと感じる。
少し教師に対する偏見的な意見かも知れない。しかし、そういう気持ちを持った人間もいるということを理解して欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2006-11-06 13:05 | 一般ニュース