日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

米国人が信じるのは「進化論」より「悪魔」=調査
米オンライン調査会社が29日に発表した統計によると、米国では「ダーウィンの進化論」よりも「悪魔の存在」を信じる人の数が多いことが明らかになった。同調査はハリスポールが11月7─13日の期間で、米国の成人2455人を対象に実施。全体の82%が神の存在を信じていることが分かったほか、奇跡を信じている人が79%、天国を信じる人が75%、地獄や悪魔を信じる人は62%となった。
一方、ダーウィンの進化論を信じていると答えたのは全体の42%にとどまった。進化論を信じるかどうかは信仰する宗教による差が顕著で、キリスト教の宗派別では、カトリックで43%、プロテスタントで30%、キリスト教再生派で16%が進化論を信じると回答した。


ダーウィンの進化論を信じていない人は半数以上(58%)とは!アメリカでは、神が人間を作ったと信じている人が半数以上いることになる。そういう国民性があるので、「猿の惑星」のような作品が衝撃を持って作られるのかも知れない。
また、悪魔の存在を信じている人は6割を超えている。だから、「悪魔」が出てくる映画が多数作られているのかも知れない。
日本の場合の「悪魔」は、ギリシャ神話的・寓話的な創造物として描かれることが多いが、アメリカではこれだけ信じている人がいる以上、リアルなものとして受容されていることが分かる。
映画や小説の作品のモチーフとして使用する場合の国民性の違いはこの宗教観の違いが大きいことが理解できる調査だ。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-11-30 12:57 | 海外ニュース
<教育再生会議>「教育院」構想を議論へ
政府の教育再生会議(野依良治座長)の合同分科会は27日午後、各地の国公私立大学での研究内容を小中学校の教育現場に生かす「教育院(仮称)」構想の実現に向けて具体的な議論を始める。東京大学や京都市教育委員会、NPOなどを中心に検討チームをつくり、成果を踏まえて全国に拡大する方針。12月の第3次報告に盛り込むことを目指す。
教育院は「教員養成」「教員研修」「研究・調査」の機能を組み合わせたもので、各地の大学や教育センターに設置し、段階的に全国でネットワーク化する構想。同会議が提唱する「社会総がかりの教育再生」の具体策の一つとなる。
教育院では、先端的な研究成果を取り入れた教材や学習プログラムを開発し、模擬授業などを実施するほか、現職教員の専門性を高めるための研修も行う。研究者が短期間の研修で教員免許を取得できるようにすることも検討する。【佐藤丈一】


全体的には納得するが、最後の1文、「研究者が短期間の研修で教員免許を取得できるようにすること」の意味が分からない。教育院で研究した研究者自身が、そのまま教員免許を取って実験をしていくのか。今の教員にはその実験を出来ないということなのか。その点が気がかりである。今の教員が対応できないのであれば、実験の意味はないと思う。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-11-27 17:47 | 一般ニュース

またひと騒動か?

朝青龍謝罪、横審カンカン!! 高砂オロオロ
これでは怒るのも当たり前。今月30日、いよいよ横綱朝青龍がモンゴルから戻ってくる。この来日スケジュール、つい半月前までは、謹慎処分期間が明ける九州場所千秋楽の翌日、つまり26日だった。成田空港から両国国技館に直行して千秋楽翌日の午後5時半から開かれる恒例の横綱審議委員会に顔を出して謝罪、そのあと謝罪会見を開くことになっていたのだ。
それが突然、4日間先延ばしされたのは、朝青龍が興行ビザの更新をミスったため。この身勝手かつ不用意な帰国順延のあおりを食って、横綱審議委員会での謝罪は白紙に。
今月20日、正式に来日スケジュールが確定したとき、「横審に謝罪はしないのか」と聞かれた師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「考えていない。謝罪しろって、誰からも言われていないし」と完全無視することを明らかにした。これには、ただでさえ一言多い横綱審議委員たちだけに、おもしろいはずがない。
九州場所が終わったばかりの26日、両国国技館内で注目の横綱審議委員会が開かれ、当然、このことについてかみついた。
これに対して高砂親方は「来年の1月8日の稽古総見のときに謝罪させたい」と提案したが、石橋前委員長は「それでは遅過ぎる。ファンは横綱のお目付け役の横審の対応を注目している。もっと早く謝罪しないとケジメはつかない。これから北の湖理事長に掛け合ってくる」と険しい口調だった。反朝青龍派の急先鋒(せんぽう)、脚本家の内舘牧子さんも「私の中ではもう朝青龍は引退した人。謝罪が遅いという点では石橋前委員長とまったく同感です」とバッサリ切り捨てた。


朝青龍が戻った時、何と言うのか注目したい。
それにしても、「横綱審議委員」の役目と権限がよく分からない。「審議委員」の判断で、横綱失格にすることはできないのか。横綱になれるかどうか、判断したのは横綱審議委員だと思うので、審議委員のメンバーは最後まで責任を取って欲しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by yutanofu | 2007-11-27 17:32 | スポーツニュース