日々のニュースを、ちょっぴりマーケティング的な要素をまぶして語るブログ


by yutanofu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

産業と個人の差

全世帯支出が1・9%の減少 前年割れ過去最長に
総務省が30日発表した昨年12月の全世帯家計調査(農林漁業世帯含む)によると、1世帯当たりの消費支出は34万959円と、物価変動を除いた実質で前年同月より1.9%減少した。消費支出の前年割れは12カ月連続。1997年11月-98年10月に記録した過去最長と並んだ。減少率も前月の0.7%減に比べ拡大した。06年の鉱工業生産指数が過去最高などの好調さが個人消費に結び付かない。


産業界の好調さ、景気の良さが個人消費に結びついていない。12ヶ月連続で消費支出が減少しているのは、政策的な問題か。個人にまで景気の良さが反映されていないため、好景気が実感できない。

人気blogランキングへ
[PR]
# by yutanofu | 2007-01-30 12:48 | 経済・企業ニュース

男の方が未練がましい

別れても「夫が追跡」55% 電話やメール、DV被害調査
配偶者や恋人から暴力(DV)を受け、現在は離れて暮らす被害者の54.7%が夫らの「追跡」を受けた経験があることが、内閣府が29日発表した調査で分かった。追跡の形態(複数回答)は「電話やメール、手紙が来た」が62.3%で最も多く、「実家や友人宅に現れた」(54.3%)「避難先や職場などに来たり、待ち伏せされた」(36.5%)が続いた。調査は昨年秋に実施、799人が回答。

この調査の対象は女性です。と、なると、男性の方が別れた配偶者や恋人への未練が強いということが分かります。未練が強いので、会うと暴力を振るう。女性はキレイさっぱり別れたつもりでいても、男の方はそうは思っていないという構図があるようです。
自分も男なので、男の方が未練が強いという気持ちは分かる。けれど、暴力はいけません。

人気blogランキングへ
[PR]
# by yutanofu | 2007-01-29 14:57 | 一般ニュース
「プラズマvs液晶」投資競争、一段と激化
薄型テレビの覇権をかけた「プラズマvs液晶」の投資競争が、一段と激しさを増している。プラズマテレビのリーダー企業である松下電器産業は2007年1月10日、世界最大のプラズマパネル製造工場を兵庫県尼崎市に建設すると発表。
対する液晶テレビ国内首位のシャープも同12日、液晶パネルの最新鋭製造拠点、亀山第2工場(三重県)の生産能力を予定より半年前倒しして2倍に増強すると発表した。背景には大画面テレビでの競争激化、急ピッチで進む価格下落があり、大画面テレビをより低コストで効率的に生産できる体制作りを競い合う構図となっている。


消費者的に言うと、プラズマでも液晶でも、松下でもシャープでも良いから、薄型大画面テレビが安く手に入れることができれば良い。そういう意味では歓迎する競争と言える。
しかし、長い眼でみて、互いに今一番投資している分野などで、どちらか一方に軍配が上がると、上がらなかった方の打撃は大きい。潰れるとまではいかないが、敗れた方は、この投資額を回収するのに時間がかかりそうだ。そういう意味からも、眼が離せない戦いになっている。
お互いのTVCMでの出稿量もかなりであり、ここ2~3年の社運を賭けている印象がある。

人気blogランキングへ
[PR]
# by yutanofu | 2007-01-23 16:06
<犯罪警官>警察の匿名発表相次ぐ…身内に甘い体質に批判
警察官が犯罪にかかわった事例で、警察が「逮捕していない」などの理由で容疑者の実名発表を拒んだり、発表自体をしない例が全国で相次いでいる。収賄容疑のほか、傷害、万引き、飲酒運転など民間人であれば逮捕されてもおかしくないケースばかりで、身内に甘い体質に批判が出ている。

> 警察庁は「懲戒処分の発表指針に沿った対応をしているはず」と話す。

発表指針に沿った対応が、“身内は名前を公表せず、処分も甘い”と外部から批判さる要因になっている。
このブログのタイトル、「泣いて馬謖を斬る」とは正反対の対応だ。

人気blogランキングへ
[PR]
# by yutanofu | 2007-01-22 11:52 | 一般ニュース

製薬業界の再編

<三菱ウェルファーマ>田辺製薬と合併に向け検討
国内医薬品メーカー大手の三菱ウェルファーマと田辺製薬が、合併に向けた検討に入ったことが18日、明らかになった。今秋にも合併し、三菱ウェルファーマの親会社である三菱ケミカルホールディングス(HD)の傘下に収まる方向で調整している。業界9位の三菱ウェルファーマと同11位の田辺が合併すると、売上高4,000億円超の規模になり、6位に浮上する。


どんどんと製薬業界も再編をしている。しかも、売上高規模でベスト20位以内の再編が続いている。上位ほど、新約開発費など売上規模が効いてくる業界である。これからも、ますます上位での合併が進むのではないか。

人気blogランキングへ
[PR]
# by yutanofu | 2007-01-18 12:35 | 経済・企業ニュース